添付イメージ

成形作業において離型剤がクリアすべき2つのステップ

スプレー缶

プラスチック製の製品やシリコン製、ゴム製の製品が、市販品として消費者の前に出せる綺麗な形になるまでには、破損や形状不良になるリスクが高いステップが2つあります。いずれも成形作業の段階に含まれるステップであり、その両者において離型剤の選択がカギを握っています。
まず、最初のステップは、金型から成形した製品を取り出す時です。離型剤の性能の良し悪しについては、このステップについて考慮される場合が多いです。金型に塗布した離型剤の非粘着性やすべり性が高ければ、このステップは難なくクリアすることが出来ます。
次のステップは、金型から外した成形物から、付着した離型剤を落とす時です。このステップは見過ごされがちですが、デリケートな構造の成形物の場合、このステップで形状不良製品が出来てしまう可能性もあります。理想を言えば、このようなステップはないに越したことはなく、そのためには、成形物に付着しない離型剤が最も望ましいと言えます。付着量が少なく、軽く洗えば済む程度だとしても、製品の量が多い場合は、この処理に要する時間や手間といったコストもばかになりません。
この2ステップの両方をクリアできるのは、成分としてフッ素コーティング剤を使用した離型剤です。成形作業で破損や失敗作が大量に出て困っている場合は、フッ素系離型剤を試してみましょう。

小型薄型製品の成形にはフッ素系離型剤がおすすめ

最近では、シリコン製品でもプラスチック製品でも、分厚いものや大きいサイズのものは流行りません。従来から、旅行グッズなどは小型で携帯しやすいものが好まれる傾向はありました。しかし、最近では、普段使いの製品でも、バッグの中にすっぽり収まって邪魔にならないサイズのもの、スリムなものがスタイリッシュと考えられています。小型でスリムな製品ほど、金型での成形を成功させるのは難しいので、シリコンやプラスチック製品のメーカーにとって、これは頭が痛くなるトレンドと言えるのではないでしょうか。
精緻な金型を用意しても、そこから成形物を完璧な形状で取り出すことが出来なければ意味がありません。そこで、どんな離型剤を選ぶかが成否を分ける決め手になってきます。成形の成功率が低そうな製品の場合は、薄く塗布するだけで十分すぎるほどの離型性能を発揮できるフッ素コーティング剤が成分の離型剤がベストチョイスです。フッ素コーティングと聞けば、テフロン加工のことを想起する人が多いでしょう。テフロン加工の調理器具は、紙であれステンレスであれ、食材一切れ、油一滴でも見事にはじきます。金型にフッ素樹脂の塗膜を作れば、同様の効果を期待できます。小型、薄型製品を成形する際には、フッ素系離型剤を試してみるのがおすすめです。

ゴム製のパーツ成形ならフッ素系離型剤を選択しよう

ゴムを材料とする製品の中には、他の製品のパーツとして作られているものが沢山あります。それ単体で使用するものでも、製品規格に合致した正確な形状やサイズに成形することは必須ですが、パーツの場合は、そこにより厳密さが求められます。というのは、パーツは、他の製品と組みあわせて使うため、ほんの少しでも寸法や形が狂っていると、主製品そのものが使えなくなってしまうからです。
このように、厳密に正確な成形が要求されるゴム製パーツを作る場合は、フッ素系の離型剤というのが妥当な選択と言えるでしょう。フッ素系離型剤の主成分はフッ素コーティング剤なので、離型性能を発揮するのはフッ素樹脂で出来た塗膜です。フッ素樹脂塗膜の強力な非粘着性は、フッ素コーティング加工された調理器具で広く知られているところです。調理器具の代わりに、金型にこれを使用した場合も、同じように、物をくっつけない性能を発揮してくれます。ゴム製パーツの細部に至るまで破損することなしに、金型から剥がすことが出来るはずです。フッ素系離型剤は、離型性能が非常に高いため、沢山塗布する必要はありません。塗膜は可能な限り薄くして、成形物のサイズに狂いが出ないようにすべきです。


焼き付けフッ素樹脂加工・シリコン離型剤を超えた ナノレベルフッ素系金型離型剤。フロロテクノロジーでお得に購入できます!

イチオシ記事